過払い金返還請求の道
main image

不動産のみの場合は遺言書作成

相続できる物が不動産しかないという場合には、ぜひ遺言書作成を行っておく事をおすすめします。不動産はそのままの状態で複数の人に分割する事が難しい物の代表例であると思われます。

ですので、遺言書作成を行う事によって、売却するなどして平等に分ける事ができるのではないでしょうか。また、誰かがその不動産に住みたいという場合には、費用を支払うなどする事で、平等にする事ができると思われます。

遺言書作成は大事な役割を果たす事もあると思われます。他にも分割しにくい物がある場合には、遺言書作成をする事が好ましいと思われます。遺言書作成は少しの手間や時間で完了させる事ができるかと思います。

はじめておこなう遺言書作成

遺言書作成については人生のエンディングを飾る際に用意するもので、残された相続人たちがスムーズに遺産の相続ができるようにするものです。十分な財産を所有していないような人においては、遺産の相続との関係性は低いものとして多くの人が考えることでしょう。

しかしながら、少しの遺産であってもトラブルは起こるようですので、遺言書はあった方がいいでしょう。相続人にあたる人たちは親族になりますので、生涯の付き合いを円満にするためにも必要な配慮だと言えるでしょう。作成に関しては弁護士や専門家がサポートしてくれますので、スムーズに作成することができるでしょう。

遺言書作成は時間も取ること

多くの時間を取っていることで、わかっていく内容は増えてきます。遺言書作成は、とにかく時間のかかる行為でもありますから、少しでもわかり易い内容とするためにも、時間を取るようにしてください。

弁護士に時間を確保してもらえば、仕事も行いやすくなっていくでしょう。しっかりした内容に仕上げて、安心して見てもらえるような遺言書とするためには、相当な時間を確保していくこととなります。安心できる内容というのは、弁護士が見ても判断できるものとなりますので、見てもらいながら書いていくのがおすすめです。費用がかかっても安心感が大事です。

行政書士でも遺言書作成の依頼は出せる

弁護士を使っていくことも多くなっていますが、行政書士でも遺言書作成の依頼は出せるようになっています。対応している事務所であれば、意外と対応してくれる可能性は高くなっていて、安心して行えるようになるでしょう。

依頼を出す場合には、どのような遺言書を作成したいかしっかりと話をするようにしてください。遺言書作成にも費用がかかりますので、相談しやすい人と、費用の内容について確認しておくことが望ましいです。意外と身近なところで相談できる可能性もありますので、知っている人だけに相談しないようにして、わかりやすい話をしておきましょう。

遺言書作成にはルールがあります

遺言書は、亡くなった故人が残された家族に残す最後のメッセージです。遺産などがある場合は、故人の意思を最大限に尊重し遺産分割を行っていきます。遺産分割の意思表示をする為に、遺言書作成をする必要があります。

遺言書には法律でルールが定められており、ルールを守って書かれていない場合は、せっかくかいても無効になってしまいます。ルールは簡単なものばかりで、直筆で書かないといけない、フルネームでサインしないといけないなどです。遺言書作成をしてルールを守れているのか不安な場合は、弁護士に相談をすることでチェックしてもらえます。

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続きの相談

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

生前の遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺言書作成関連