過払い金返還請求の道
main image

遺言書作成時には遺留分に注意をしましょう

遺言書は、故人の方が残された家族に対し、伝えることが出来る最後のメッセージです。遺産などがある場合は、誰に何を相続させたいのかなどを書いていれば、内容に従い遺産相続をしていきます。

基本的には誰に相続させるのかは、故人の方の自由ですが、遺留分という権利があります。遺留分を守られていない場合は、遺言書が無効になってしまうのでせっかく作成をしても意味が無くなってしまいます。遺留分は故人に対しての続柄によって割合が変わってきますので、その点に十分注意をしながら遺言書作成をするようにしてください。不安な場合は、弁護士に相談をしてください。

遺言書作成の際の書き方

遺言書作成をするときに、書き方でつまずいてしまう方は多いでしょう。正しい書き方を知っておき、自分で対処できると安心です。一般的な自筆遺言書の場合で見ていくと、まずは、全て自筆であることが前提となっています。

また、明確な日付が明記され、署名と捺印が行われており、封印した状態で保管されていることが必要です。そして、遺言書作成はすべて詳細な部分まで記入されていることが最善です。土地や物件を相続させたい相手がいるときには、土地の住所や建物名を明記し、相続させたい相手の名前や生年月日も明記することを忘れてはいけません。

遺言書作成をする必要があるかどうかを考える

一般の家庭で貯金もさほどしておらず、とくに残す財産もないという方でも遺言書作成は必要なのか、と考えている方もいるでしょう。しかし、少しでも銀行にお金を預けている場合や離婚経験者で子どもがいる場合、農家などで土地を所有している場合などでも遺言書作成をしておくほうが無難なことがあります。

自分が亡くなってしまってから親族が揉めているのを見るのが嫌であれば作成をしておくのが良いでしょう。遺言書には作成をしてからの有効期限というものはありませんので、遺言内容に変更が出た場合などに、新たに書き直しをすることが可能です。

相続をスムーズにできる遺言書作成

被相続人から相続がされる遺産については、預金や現金などの分割がしやすいものだけでなく、株式や不動産などの項目もありますので、場合によっては相続人同士でトラブルになってしまうようなケースも予想されます。

相続の際に相続人同士がスムーズに遺産の相続ができるようにしたのが、遺言書作成の役割になります。遺言書の作成と聞くと専門的のような気もしてしまいます。法律家や専門家などのサポートを得て作成することができますので、さまざまな場面に対応することができますし、安心して遺言書の作成をすることができるでしょう。

現代社会には必要不可欠な遺言書作成

普通の人の感覚では、遺言書作成については関係なく感じている人もいることでしょう。しかしながら、現代においてはライフスタイルが多様化されていますので、所有している財産に関係なく、遺言書を残す行為は大切でしょう。

この遺言書についてはさまざまな方式がありますので、どの方式が自分に適しているかを考えながら、作成をはじめる必要があるでしょう。また、ライフステージに変化が生じた際にも遺言書を作成し直す必要があります。さまざまなルールがありますが、自分でしっかりとおこなうことで残された親族がスムーズに遺産相続をおこなえることでしょう。

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続きの相談

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

生前の遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺言書作成関連