過払い金返還請求の道
main image

有効な遺言書作成と相続について

自分が死んだ後の財産の処理などの、いわゆる相続については、遺言書を作成しておくことが大切です。文書にすることで、自分の意思を明らかにすることができるからです。 しかし、法律的に有効な遺言書作成のためには、一定の様式に関する条件を満たしていることが必要です。

このような条件を満たす書き方としては、各個人個人で作成し、署名捺印することなど、細かい規定があるので、一度専門家に相談することが重要です。 一方、内容についての有効条件もありますが、遺言書が有効に作成されていれば、出来るだけ本人の意思を尊重するように合理的に解釈することが出来るのです。

遺言書作成は見てもらえること

個人で考えて終わらせるように思われていますが、相談して弁護士と一緒に作っていくような方法もあります。見てくれることによって、解決しなかった問題がしっかり解決されるようになり、いい状況になる場合もあります。

早く解決したいと思っている人には、それだけメリットを得られる方法となります。遺言書作成を完了させる場合には、とにかく相談しておきたいところです。相談する回数が多ければ多いほど、完成度の高いものが得られます。弁護士も相談に対応しているところが多くありますので、色々な対応をしてもらう意味でも話をしておきましょう。

遺言書作成はルールに従い行いましょう

遺言者は、故人の方が遺族の方に残すことが出来る最後のメッセージです。遺言書の内容に従い、遺産分割を行っていくのでとても重要な書類となります。遺産分割などを行っていくのに参考にしますので、遺言書作成には法律で定められたルールが存在します。自筆でなければならない、日付をきっちりと記入しないといけないなど簡単なルールばかりですが、これらのルールに従い書かれていない場合は、法律で遺言書を認められないということになります。

せっかく遺言書作成をしても無効になってしまっては意味がないので、しっかりとルールを守り、遺言書を書くようにしてください。

遺言書作成だってすぐに終わる行為じゃない

すぐに終わる方法だと思っていたり、テンプレート通りに記載していれば問題ないだろうと思っている人もいますが、遺言書作成は非常に難しい問題を抱えています。テンプレートは用意されていますが、その通りに作ってもいい文章にならなかったり、出したいと思っている情報が書けないなどの問題が生まれてくるようになります。

正しい情報を掲載するのが大事になっていますので、まずは情報を整理してから行ってください。遺言書作成だって、難しいところを何個もクリアしていくような方法を取りますから、非常に時間がかかってしまう方法となります。

遺言書作成の期待値を考えよう

遺言書作成には、サービスを上手く活用することも重要になります。サービスを使っていない場合には、かなりつらい状況になってしまうでしょう。個人で考えていくものは、効力を得られるような状況となっていない可能性もありますから、効力をしっかり作りたいと思っているなら、相談していくことが望ましいです。

相談した内容だったり、選んでいるところによって、作りやすいと感じられるかもしれません。かなり作りやすいと感じられるようなら、遺言書作成も簡単に終わるようになりますから、期待しているようなサービスを使ってよかったと思えるようになります。

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続きの相談

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

生前の遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺言書作成関連