過払い金返還請求の道
main image

本で遺言書の作成について知る

終活という事もあるほど、自分の死に向き合っている人も多く、その一つに遺言書の作成があります。遺言書作成については書店で本を手に入れて、参考に行う人もいる様です。しかし、遺言書の作成は本の通りに行ったつもりであっても、法的知識が十分でなければ、抜け漏れてしまっている箇所もあるかもしれないですね。

遺言書の作成はすべて本と同じにはならない部分もあると思います。もし、抜けている点などがないか気になるというのであれば、遺言書の作成について法律家に尋ねてみるといいかと思います。

そうすれば、くまなくチェックしてくれますので、法律の観点から見ても、効果がある物に仕上げる事ができるでしょう。

遺言書作成をしたら弁護士に相談をしてください

遺言書は、故人の方が遺族に対し残すことが出来る最後のメッセージです。遺産分割などは、遺言書の内容によって相続していきますし、遺言書の内容を最大限に考慮するので、とても重要な書類として法律で書き方などのルールを定めています。

このルールを守れていない遺言書は内容によっては、無効になってしまうこともありますので、注意が必要です。せっかく遺言書作成をしても無効になってしまっては意味がないので、弁護士に相談をすることで、ルールに従いかけているのかチェックをしてもらうことが出来ます。伝わりやすい書き方などもアドバイスしてくれるので、とても頼りになります。

遺言書作成っていつからすればいいの?

遺言書作成というのはいつ頃に終わらせておけばいいのでしょうか?自分がいつ死んでしまうのかなんてわかっている人はいませんので余計わからないのですよね。まず自分に誰かに譲るほどの遺産や財産がない人は特に記載する必要もないように思います。

ただ荷物の処分の方法などは記載しておいた方がいいかもしれませんが…。もし財産や不動産などが沢山ある人はただ遺言書作成をするだけでなく財産目録などを作成しておいてあげるとより親切です。もしこちらが残されていないと新たに財産が出てきた時に後々またもめる原因になってしまいます。

ルールに従い遺言書作成をしましょう

亡くなった故人の方が、残された家族に対し伝えることが出来る最後のメッセージが遺言書です。遺言書では、遺産分割など故人の財産を分割していくことが出来ます。基本的には遺言書の内容を最大限に考慮し、遺産分割を行っていきますが、遺言書は法律によって書き方を定めています。

遺言書作成をそのルール通りにしないと時間をかけて書いた遺言書の内容が無効になる可能性もあります。遺言書作成をしたら、弁護士に相談をすることで、法律通りに遺言書をかけているのか確認をしてもらうことが出来ます。伝わりやすい書き方などもアドバイスをしてくれます。

遺言書作成したその後にするべきこと

遺言書作成が終わった所まではいいですが、終わったらその後どうすればいいのでしょうか?勿論そのまま自分で保管しておいてもいいのですがそうなってくると心配なのがもし自分が死んでしまった後に、誰かにきちんと見つけてもらえるのかという所です。

遺言書は自分のためではなく、残された人のために作成するものですので、誰にも見つけてもらえなかったら全く意味がありません。そのため自分で保管をしておくならば、荷物を片付けている時にわかりやすい所に入れておくようにしましょう。一番いいのは自分がカギを持っている金庫の中などですかね。

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続きの相談

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

生前の遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺言書作成関連