過払い金返還請求の道
main image

家庭裁判所で扱う相続手続きの内容とは

今の時代、相続に関する問題は無くならないといっても過言ではありません。すべての事例でうまく手続きできるものばかりではないのです。相続手続きの中には、家庭裁判所で行わなければならない事例や、手続きがうまく運ばないために申し立てをしなければならない事例までさまざまあります。

たとえば、不動産の名義変更などは法務局で行えますし、預貯金は金融機関で行うのは周知のとおりです。相続そのものに関する手続き、または相続人に関する手続きで大きく分けられていますが、遺産分割調停審判の際に使用される【遺産分割調停申立書】は家庭裁判所に相続人全員の戸籍謄本などの書類が必要になってきます。

相続手続きは弁護士に確認してください

遺産相続が発生した場合には、速やかに相続手続きを取るようにしてください。手続きには全て期限が決められているので、少しでも期限を過ぎてしまうと、相続トラブルに巻き込まれる可能性があります。

多くの相続がある場合には、どの手続きからすれば良いのかわからないことが多いので、弁護士に相続相談をして、順序についてアドバイスをもらうようにしてください。アドバイス通りに手続きを済ませると、とても簡単に手続きを終わらせることが出来ます。トラブルに巻き込まれない為にも、遺産相続が確認できた場合には、すぐに弁護士に相談をしてください。

弁護士と相談をしながら相続手続きをしてください

遺産相続が発生した場合は、すぐに相続手続きを取るようにしてください。手続きには期限が決められてしまっているので、少しでも遅れてしまうと、相続トラブルに発展する可能性があります。

たくさんの相続がある場合は、どの手続きを先にすれば良いのかわからないと思いますので、弁護士と相談をしながら、アドバイスをもらってください。指示通りに手続きを進行させることで、簡単に手続きを終わらせることが出来ます。相続トラブルに巻き込まれない為に、遺産が発生した場合には、弁護士としっかりと連絡をとり手続きを完了させてください。

弁護士のサポートを受けて相続手続きを行う

あまり考えたくはないですが、遺産のトラブルなどで付き合いが疎遠になってしまった親族も多いようです。遺産の相続についてはお金のことになりますので、あらかじめ備えておく必要があるでしょう。自分たちでおこなう人たちも多くいますが、その結果、トラブルに発展してしまったような人も多くいるようです。

遺産の相続手続きを弁護士に依頼することで、トラブルに発展する可能性も低くすることができますので、依頼をおこなうことで回避できるようなケースもあるでしょう。弁護士のサポートを得ることで、さまざまな情報を知ることができるでしょう。

相続手続きをする際に弁護士に依頼する

故人が亡くなってから必ずおこなわれることとして、遺産相続をあげることができます。相続人で集まり、相続手続きをおこなっていくのですが、その際に現金のような分割しやすい遺産であれば、スムーズに遺産相続を終わらせることができるでしょう。

しかしながら、不動産などの遺産分割がしにくいものであった場合には、トラブルへと発展してしまうようなケースもあるようです。そうなってしまいますと、裁判所で調停をおこなうようなことにもなりますので、災厄の事態を避けるためにも弁護士に依頼することをおすすめします。弁護士であれば、より良いサポートをおこなってくれることでしょう。

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続きの相談

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

生前の遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺産相続手続き関連