過払い金返還請求の道
main image

遺言書作成の相談ができる法律家

いろんな種類の相談を受け付けている法律家ですが、中には遺言書作成の相談を行っている人もいます。遺言書作成は、一人でもできない分けではありませんが、法律家に相談すると知識も不要で素早く完成させる事ができます。

何か問題が発生してからでは、どんなに頑張って対応しても状況を良くする事は難しい場合もあると考えられますので、遺言書作成は法律家に相談しながら進めるのもいいかと思います。また、法的にも効力のある物にする事ができるでしょう。

近い将来、自分は遺言書作成をしないといけないなと感じている人は、ぜひ早い間に遺言書作成を始める様にしたいですね。子孫たちが幸せに安心して暮らせるといいですね。

最も簡単に出来る遺言書作成について

一般的な遺言書作成には秘密証書遺言、公正証書遺言、自筆証書遺言の3通りあります。 秘密証書遺言を利用する人は少ないです。公正証書遺言がもっとも失敗のない方法です。

遺言書は公証役場に保管されますし、遺言したい人が証人2人の前で、口述して遺言書を作製してもらう方法だからです。紛失の心配もなく、家庭裁判所の検認を受けなくても良いのです。デメリットは費用がかかることと、遺言の内容が秘密に出来ない事です。費用がかからずに、紙とペンがあればどこでもいつでも作成できるのが自筆証書遺言です。デメリットは専門家のチェックがないので無効になる場合がある事です。

遺言書作成で知っておきたいこと

日本で遺言書作成をする人の数は、全体の1割くらいしかいません。この数字から見ても、日本人は相続準備をあまりしないといえるでしょう。そのため相続についての知識がない人が多く、各地で実施される相続対策セミナーには多くの人が集まります。

全国には、資産の管理や処分をおこなう権限を家族に託す家族信託を専門に扱う家族信託専門士がいます。家族信託を検討していく中で、多くの家族がお互いの気持ちを伝えあい、絆を深めながら準備を進めていきます。死を旅にたとえ、長い旅で家に帰る予定はないと考えて、準備すると納得できるでしょう。

遺言書作成に必要な情報

必要な情報は、なるべく揃えてから遺言書作成を行いたいものです。作成したいと思っている書類をしっかりと作るために、必要な情報収集はしっかり行っておきましょう。対応していく場合には、ネットを活用しても構いませんが、弁護士に話をしているとわかりやすい傾向もあります。

少しでも話をする回数を増やすなどして、わかった上で対応していくのが望ましいです。後は情報量次第となりますが、多くの情報を持っている弁護士であれば、話は行いやすいでしょう。残されている時間などから、すぐに対応できる情報を持っていることが大事です。

方式が選択できる遺言書作成

遺言書を実際作成してみないと分かりませんが、実は遺言書作成をするにあたっては、それぞれの方式があります。遺言書の作成や保管などを自分でおこなうことのできる自筆証書遺言や、遺言書の内容を秘密にした上、公証役場で保管をする秘密証書遺言、公証役場で公証人に遺言を公正証書の形にしてもらう公正証書遺言があります。

どの方式にするかは本人に任せられていますので、自分に適している方法で遺言書の作成をおこなうようにしましょう。また、法律家や専門家などの第三者に相談をおこないながら、遺言書の作成を進めることもできます。

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続きの相談

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

生前の遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺言書作成関連